読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腸内細菌を増やす

腸内細菌を増やして身体を健康に。太る腸内細菌と太らない腸内細菌の差があることを知るとダイエットにも効果あり?今、腸内細菌が激熱なんです。あなたに合う腸内細菌を増やせば、自然とダイエット効果がある??

乳酸菌生産物質を取り入れると老化現象も緩和するってホント?

体内に乳酸菌生産物質を取り入れると

内臓も筋肉も神経細胞も尋免疫機能も、
とにかく細胞という細胞が元気になるという、
実に嬉しい相乗(シナジー)効果を生んでいきます。


細胞がイキイキとよみがえる、
若返るというのは、
体の活力が回復するばかりか、
老化防止にも大いに効力を発揮するということにほかなりません。


言い換えると、
乳酸菌生産物質には、
老化のメカニズムを緩和させる(遅らせる)

働きがあるということです。


論より証拠、

「生源」をつねに摂取している人たちに共通していることは、

皮膚や顔の色ツヤがよく、
表情もイキイキとしています。


もちろん、
内面の気持ちも若々しい。


こういうツャッャ、
イキイキ現象を目の当たりにすると、
内面的な健康が外見的な若さを取り戻してくれるのだ、
ということを思わざるを得ません。


逆のことも考えられます。


もし、
乳酸菌生産物質が体内から減少してしまったとすれば、
間違いなく心身ともに老化現象が促進されるということになるわけです。


そんなこと、
考えるだけでゾッとします。


それにしても、
われわれはなぜ老化現象を起こすのでしょうか。


老化のメカニズムはどのように起きてくるのでしょうか。


最先端の現代医学では、
以下のような原因が考えられています。


①ある一定の年齢期を迎えると体内に老化遺伝子が出現しそれが生体細胞の機能を次第に阻害していく
②体内毒素が長い間に蓄積され、
要所要所のネットワークを少しずつこわしていく
③体内に取吟入れた酸素の一部が活性酸素に生まれ変わって細胞を攻華するようになる
④さまざまなストレスによって、細胞に悪影響が及ぼされるこれらに共通するのは体の細胞が本来の働きを失ってしまうことに起因しているということ。


つまり、
老化の始まりは、
すべて、
細胞の衰えによって引き起こされるということです。


細胞の集合体であるわれわれは、
老化は逃れようがない

宿命と受け取らなければならないというわけです。


しかしながら、
老化を単に宿命と受け止め、
ただただあきらめてしまうのでは、
年を取ってからの健康とか、
心の若さといったものを実感することができなくなってしまいます。


たとえば、
次のような症状が出たら、
体内で確実に老化が始まっていると見て、
間違いありません。

 

  • 肌や皮膚が黒ずんできた
  • 最近、やけに小じわが目立ってきた
  • 体が疲れやすいと感じるようになった
  • 若いころに比べて粘り、持久力がなくなった
  • 階段の上り下りが辛くなった
  • 電車に乗ると座席に座りたいと感じる
  • 酒に弱くなった
  • 食べ物の量が極端に減った
  • 体の無理がきかなくなった
  • 物事への意欲が湧かなくなった

 


それは、
腸内の善玉菌が分泌する乳酸菌生産物質が

明らかに不足していることを知らせる重要なサインでもあるのです。


中高年期になると、
これらのうちのひとつやふたつは

該当するものがあると思います。


いずれも、
人体の細胞が何らかのトラブルを起こしたために、
それまで機能していた体の抵抗力、
免疫機能が衰えたことによる自覚症状なのです。


病気の発生とまではいかないにせよ、
その前段階と考えても間違いありません。


このような老化現象に見舞われた人が、
「仕方がない」とか「なるようにしかならない」などと、
手をこまねいているだけならば、
その老化はいっそう進展するかもしれません。


老化を自覚し、
それに対して何らかの対抗措置を見出す、
少なくとも気持ちでは負けない。


そんな気概で暮らしたいものです。


老化現象を目の当たりにして、
私たちが考えなくてはならないことはただひとつ、

老化を最小限に食い止めるということです。


そのためには、
まず何よりも細胞の働きを回復させなければなりません。


それを可能にしてくれるのが、
体内に十分な乳酸菌生産物質を補給してあげることなのです。