読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腸内細菌を増やす

腸内細菌を増やして身体を健康に。太る腸内細菌と太らない腸内細菌の差があることを知るとダイエットにも効果あり?今、腸内細菌が激熱なんです。あなたに合う腸内細菌を増やせば、自然とダイエット効果がある??

その食べ物は習慣?惰性?

みなさんは、
毎日決まって口にする食べ物、
習慣にしている食べ物ってありますか。


食べると調子がよいから、
カラダによさそうだから、
番組で紹介されていたから、
おいしいから、
なんとなく、
など続ける理由は人それぞれ。


その中で、
じぶんにとって本当に必要なものはどれですか。


いつの間にか、
食べないといけない、
になっている食べ物もけつこうあるのではないでしょうか。


本当に必要なものかを確かめるのに、
毎日食べているものをあえて食べなだせいい、
という方法があります。


じぶんが思う以上に惰性で食べているものって多いんです。


だから一旦断ちます。


食べるのを止めて体調がマイナスに傾くようなら、
じぶんにとって必要なもの。


変わらないまたは調子がよくなったら、
食べなくていいもの。


あえてやらない、
減らすことで変化が出るか、
じぶんのカラダで人体実験です。



「朝食はパンとコーヒーです(だって忙しくて時聞がないから、
仕方ないのよ)」

とお話ししながら

便秘を打ち明ける方もいらっしゃいます。


でも、
当たり前となった習慣の中にこそ、
便秘体質や冷えるカラダをつくる原因や可能性が潜んでいるものです。


この方の場合、
毎朝パンを食べる習慣(という名の惰性)を変えてもらいました。


「絶対にパンを食べないと死んでしまう病」でもない限り(そんな病気はありませんてパンを食べ続ける義務はありません。


ずっと続けているから続いている、
それだけのことです。


パンの代わりに短時間で用意できるものとして、
納豆やシリアル×ヨーグルトへの変更を提案しました。


すると、
数日のうちに便通が改善され、
体調によい兆しと変化が出ました。


排便の回数や質がアップし、
出るものが出て体重もスッと落ちたのです。


「食事の質を変えたら便通と体調がよくなった」これがすべてを物語っています。


この方にとっての朝のパンは、
毎日食べるものではなく、
毎日食べなくてもよいカテゴリーに分類されました。


やってわかることもあれば、
やめてわかることもあるのです。


身の回りにはこういうことが思いのほかあります。


じぶんにとって習慣なのか、
それとも惰性(悪しき習慣) なのか、
本当に必要なものか、
そうじゃないのかは、
一度断ったり、
距離を置くとわかります。


やらないことをやってみて、
やっぱり必要だと感じれば再開し、
ないままで平気だったら、
これを機にやめてしまえばいいってことです。


時間がないと嘆く方の中には、
あまり興味のないテレビドラマを毎週欠かさず見ていたり、
スマホのLINEやゲーム、
携帯やネットで時間を占領されている方も少なくありません。


これらのモノもなくても生きていけます。


これまでなんとなく毎日食べているものや続けていることをいったん止めて、
必要な習慣町悪しき習慣の仕分けをしてみてはいかがでしょう。