読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腸内細菌を増やす

腸内細菌を増やして身体を健康に。太る腸内細菌と太らない腸内細菌の差があることを知るとダイエットにも効果あり?今、腸内細菌が激熱なんです。あなたに合う腸内細菌を増やせば、自然とダイエット効果がある??

なぜ大豆オリゴ糖が注目されるのか

魚や野菜を中心とした食事から油をふんだんに使った欧米風の肉料理中心の食事へ、あるいは素材を求めて一つ一つ調理する食事から、インスタント食品を多用する食事へと、日本人の食生活は近年、大きく変化してきました。
こうした食生活の変化は、体位の向上という効果をもたらしてくれましたが、同時に欧米先進国と同様の成人病の増加というありがたくない現象もひきおこしています。
従米、日本では少ないとされていた大腸ガンの急増も、肉類や脂肪の多食と関係があるといわれています。
タンパク質や脂肪の叫収力には一附かありますがあまりたくさんとるしかしと消化帳収しきれず大腸に送られることになります。
ところが便秘などでタンパク質や脂肪が腸内に長い時間とどまっていると、その聞に有害菌の作用によって腐敗し、アミンなどの有害な物質がつくられやすくなります。
このアミンは血圧をあげたリ、発ガン物質であるニトロソアミンなどのもとになるものです。
そのほかにもアンモニアインドールフェノールなどの体に害を与えるものもつくられます。
このようなことを考えあわせてみると、食生活が欧米化した今日、ゆめゆめ「たかが便秘」と軽く考えることは危険だということがおわかりいただけるでしょう。
腸の健康をいかに保つかが、健康維持や成人病の予防にとって大きな鍵になっているのです。
発ガン物質を分解し、有害菌をすみにくくする腸のガードマンともいえるビフィズス菌
そのビフィズス菌だけを飛躍的に増殖させるオリゴ糖が、大きな注目を集めているのもうなづけることです。

大豆オリゴ糖の安全性は

便秘の人が下剤を常用すると、ききかたがわるくなったり、大腸の働きを弱めてしまうこともあります。
大豆オリゴ糖の場合、毎円とっていて安心だろうかという疑問がでできても当然でしょう。
大豆オリゴ糖は、私たちが日常よく口にしている大豆から精製してつくられるもので、化学的に合成されたものではありません。
それに食物として昔から食べていたなじみのある食品です。
その働きは主として腸内のビフィズス菌のエサになって、ビフィズス菌をふやすよい作用です。
たとえよぶんにとりすぎたとしても、便が軟らかくなる程度です。
また、オリゴ糖を多くとると、おなかがはる人もいるようですが、続けてとっていると、そのような人でもなれて、軟便やおなかかはることもだんだん少なくなっていくことがわかっています。
このように安全な食品成分といえるオリゴ糖は、いろいろな利用がされています。
次に、その用途と、オリゴ糖が期待される背景についてふれてみましょう。

さまざまな用途が期待される大豆オリゴ糖

「病気になってはじめて健康であることのありがたさに気づいた」という話はよく耳にします。
しかし、忙しさにとりまされて健康管理がついおろそかになってしまうのが現実です。
医学が進んでよい薬が次々に開発されているという思いが、そんな油断をさせているのかもしれません。
それだけに、病気とはいえないが、調子がいまひとつよくないという半健康の状態の人が数多くいるようです。
こんな人たちは、ちょっとしたことで病気になってしまいがちです。
そこで半健康を健康にもどし、これをいかに維持していくかという予防医学の面が、今後の健康管理にとって大きな課題となります。
こうしたなかで、本来体がもっている生理機能や抵抗力を高めることの重要性が指摘され、健康志向の食品が次々と生まれるようになりました。
ビフィズス菌の活性を高めるオリゴ糖も、このような背景から生まれてきたともいえます。
大豆オリゴ糖は砂糖の七Oパーセントほどの甘さになるためすっきりした甘味になり、酸や熱に強く、長い間保存してもかわらないという特性をもっています。
こうした特性は、食品を加工するうえでもたいへん便利で、広い範囲で応用が考えられます。
すでに育児用の人工乳をはじめ、ヨーグルトなどの乳製品、清涼飲料、キャンディ、ハンバーグやかまぼこなど、オリゴ糖を使用した多くの食品が開発されています。