読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腸内細菌を増やす

腸内細菌を増やして身体を健康に。太る腸内細菌と太らない腸内細菌の差があることを知るとダイエットにも効果あり?今、腸内細菌が激熱なんです。あなたに合う腸内細菌を増やせば、自然とダイエット効果がある??

乳酸菌生産物質って何?

乳酸菌生産物質は万病に効く特効薬でもないしましてや魔法の薬でもありません。
先に種明かしをすれば、そもそも乳酸菌生産物質なるものは薬ではありません。
薬でもないのに体によい?いった吟乳酸菌生産物質とは何でしょう。
まずシン・フルに、乳酸菌生産物質とは「善玉菌が分泌する物質」であると頭に入れておきましょう。
ここで言う善玉菌とは、もちろん乳酸菌のことです。
つまり「乳酸菌が分泌する物質」となりますが、「分泌」というのがちょっと難しいと思われるなら、「乳酸菌がっくり出す物質」と覚えましょう。
「乳酸菌がっくり出す物質」であるということから、当然導き出されることは、乳酸菌生産物質とは「乳酸菌そのもの」ではないということです。
当たり前と言えば当たり前のことですが、これはとても大事なことなので、きちんと理解しておいてください。
長い間、「乳酸菌そのもの」は人間の体によいとされてきました。
実際、そのこと自体は間違ってはいません。
なぜなら、乳酸菌が腸内で働いて、体によい物質をつくり出しているからです。
だからわれわれは、ヨーグルトなどの乳酸菌製品(または発酵食品)を食べてきました。
ところが、すでにお話ししたように、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は、消化される段階で胃液の中に含まれる強い酸(胃酸)のために大部分が死滅してしまい、栄養素の消化・吸収を行う腸内までたどりつけるものはほんのわずかにすぎません。
一方、「乳酸菌そのもの」ではなく、「乳酸菌がっくり出す物質」である乳酸菌生産物質は「菌」ではないので、胃の中で死滅することなく、無事に腸内に届きます。
であれば、わずかに腸内にたどりついた乳酸菌がっくり出す物質に期待するよりも、その物質そのものを最初から身体に取り入れたほうが合理的でしょう。
このような乳酸菌生産物質を人工的につくり出し、製品化したものがバイオファーメンティクス「生源」なのです。
バイオファーメンティクスとは、乳酸菌が成長過程で分泌する発酵産物(発酵液)のことを言います。
「生源」の製法を簡単に説明しましょう。
大きな特徴は、培地に大豆を用いているということです。
培地とは、乳酸菌などの善玉菌を人工的に増やすためのもので、培養基とも言います。
わかりやすい例でお話しすると、農作物などを栽培する際に欠かすことのできない大地だと考えてください。
大地にはさまざまな滋養分が含まれ、農作物はこれらを吸収することによって大きく育っているわけです。
「生源」の大地は、大豆なのです。
この大豆の培地に、乳酸菌や酵母菌などを組み合わせます。
さまざまな乳酸菌や酵母菌の中から十六種類の善玉菌を選び、「共棲」させながら繁殖させます。
これを「共棲培養法」と言います。
「共棲」というのも、ちょっと耳慣れない言葉ですが、要は、一緒に仲よく共同歩調をとろうよ、といったものと理解しましょう。
この共棲培養法がすぐれているのは、菌同士が成長過程でお互いを強化し、とても強い菌に生まれ変わるという点にあります。
つまり、お互いに切瑳琢磨する善玉菌たちの集まりというわ臆です量実際、この共棲培養法は「生源」をつくるにあたって、とても重要な技術的部分を占めています。
乳酸菌一種類だけで培養した場合より、乳酸菌を数種類用いたほうが、さらには酵母菌とも合わせて培養したほうが、物質的にも複雑になり、「生源」のもとになっている発酵液(バイオファーメンティクス)の機能性や働きが非常に高くなるのです。

 

乳酸菌生産物質のすぐれた働き

 

このように、さまざまな乳酸菌や酵母菌から十六種類の善玉菌を選び、それを共
棲培養させることでつくられる「生源」の乳酸菌生産物質は、私たちの腸内でどん
なすぐれた働きをするのでしょうか。
僕は、以下の五つを挙げたいと思います。

 

①腸内の浄化作用

私たちの健康が腸内で司られていることについては、すでにお話ししましたが、
腸内環境をきちんと整えておくことほど、健康にとって大切なことはありませ
ん。乳酸菌生産物質は、腸内の善玉菌を活性化し、悪玉菌の繁殖を抑え、腸内の
異常発酵を除去することで腸の働きを正常にしてくれます。腸内環境の整備には
もってこいの物質というわけです。

 

②細胞の正常化

乳酸菌生産物質には、体の細胞の生産・増殖を支配する「核酸」という成分が
含まれています。この核酸は「生命の源」と言われるほど重要なもので、細胞形
成に不可欠なばかりか、私たちの老化を体内でつねにコントロールしてくれてい
る物質です。わかりやすく言えば、弱った細胞を元気にしてくれるというわけ。
だから、乳酸菌生産物質はつねに体内に取り込む必要があるのです。

 

③免疫機能の正常化

私たちの生命を守るために不可欠な機能のひとつに免疫機能があります。外部から体内に容赦なく侵入してくる細菌やウイルスを迎え撃ち、すみやかに〃抗
体〃をつくって、敵を撃退してくれるからこそ、私たちは病気にならずにすむの
です。もし、その機能が衰えてしまえば、私たちには明日の生命の保障がない、
と言っても過言ではありません。そんな大切な生命維持機能を、乳酸菌生産物質
は活性化してくれます。

 

④血液の浄化作用

これは、①の腸内の浄化作用と関連している作用で、腸内の悪玉菌の繁殖を抑
えると、悪玉菌が生み出す有害物質も減少し、おのずと腸内から血液中に吸収さ
れる有害物質も減少させることになります。結果として、有害物質が全身をめぐ
ることを阻止し、あらゆる病気のもととなる体内毒素の蓄積を未然に防いでくれるわけです。近年養二私たちがかかる病気は体内の主要部分に蓄積された体内毒素が主因
である」という考え方が優勢になっています。病気の元凶である有害物質を生み
出す悪玉菌に対してガードしてくれるのが、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌です。

この善玉菌がっくり出す物質こそ、乳酸菌生産物質であることはすでにお話し
したとおりですが、乳酸菌生産物質を体内に取り入れると、腸内の善玉菌たちに
は強力な援軍となって、善玉菌たちがつねに活発に働ける状態をつくり出すこと
ができるのです。

 

⑤栄養分の消化・吸収を促進

体の細胞が活性化されるようになると、外から摂取する食物の栄養分の消化・
吸収・活用がおのずと促され、十分な栄養を全身に行き渡らせることができます。
活力のあるイキイキとした体を取り戻せるというわけです。

 

以上の五つの働きが、乳酸菌生産物質の大きな特徴ですが、そのほかにも、乳酸
菌生産物質の成分中には、私たちの健康維持になくてはならない、ミネラル、必須
アミノ酸を含むアミノ酸全種類、各種ビタミン類なども豊富に含まれていることも
付け加えておきます。