読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腸内細菌を増やす

腸内細菌を増やして身体を健康に。太る腸内細菌と太らない腸内細菌の差があることを知るとダイエットにも効果あり?今、腸内細菌が激熱なんです。あなたに合う腸内細菌を増やせば、自然とダイエット効果がある??

善玉菌を増やすためには、この食品で栄養を届ける

薬よりすごいスーパーフード!

 

「日本生まれのこの食品」

をもっと食べなさい!!

f:id:go-tokita:20160916165450j:plain

 

ここで注意したいのは、
お菓子を食べることを罪悪視し、
禁止するだけでは問題は解決されないということ。


甘いものを食べるのはほどほどにすべきですが、
それよりも「善玉菌のエサを増やすこと」が大事だからです。


こうした腸内細菌のエサになる食品は、
生きた菌=プロバイオティクスに対し、
「プレバイオティクス」と呼ばれています。


その代表が、
消化されずに腸内にとどまる糖である

食物繊維であり、
ほかにも、
オリゴ糖、
羅漢果、
アガペーシロップなどがあります。

 


こうした糖を毎日の料理に使うのもいいのですが、
視野を広げると、
もっと手軽に、
もっと強力な恩恵を与えてくれるものがあることに気づきます。

 

それが「日本の発酵食」文化です。

f:id:go-tokita:20160916165524j:plain

発酵食品について、
クローズアップしてみましょう。


まず重要なことは、
前述した

「摂取した乳酸菌が腸を刺激し、免疫力を活性化させる」

という点です。


生きた菌、
死んだ菌にかかわらず、
菌を摂取すること自体に意味があるとしたら、
大豆を発酵させた

「味噌」「醤油」「酢」「酒粕」「納豆」、
そして根菜を米糠で発酵させた「糠漬け」なども、
腸にプラスになることがわかります。

 

 


こうした植物の糖を分解する善玉菌は、
「植物乳酸菌」とも呼ばれ、
最近になってようやく注目され始めたため、
ヨーグルトを作り出す

「動物乳酸菌」

ほど研究されているわけではありません。


日本の腸内細菌研究は世界でもトップクラスですが、
乳業メーカーがバックアップしてきた関係もあり、
これまでは乳酸菌と言えば動物乳酸菌、
発酵食品と言えばヨーグルトだったからです。


また、
昧噌も醤油も漬け物も塩分が多くて、
「たくさん食べると塩分の摂りすぎになる」

と言われてきたことも、
日本生まれの発酵食品が遠ざけられてきた要因のlつでしょう。

 

 


医師や栄養士の指導を受け、
昧の薄い昧噌汁を飲んできた人も

少なからずいたはずです。

 


ちなみに、
減塩がどこまで必要かは別途考察しますが、
大事なのは、
食べ物と一緒に運ばれてきた乳酸菌が、
「生きた菌、死んだ菌を問わず、
腸を刺激する可能性がある」

という点です。

 


腸を元気にするには、
植物(野菜、果物、穀類など)と、
発酵食品を日常的に摂取することが大切であり、
そこに「ごはん、昧噌汁、漬け物」

という日本食の組み合わせのすごさと

神髄があるのです。

 


塩分云々より、
発酵レベルの高い食事を

毎日摂ることがまず必要でしょう。

 

 

味噌汁に「ホッとする」

 

f:id:go-tokita:20160916165618j:plain

 

こうした点をおざなりにしたまま、
ヨーグルトをちょっと食べてみたところで、
お腹の調子が劇的に

良くなるとはかぎらないこともわかるはず。


それよりも、
お腹がペこペこの状態で食卓に向かい、
作り立ての昧噌汁をすすった時のことを

思い出してみてください。


ほんの一口だけでも、
お腹がスーッと落ち着き、
気持ちがホッとしたことがありませんか?

 

 

日本人なら、
誰もが感じたことがあるはずです。


この心地よさの正体は、
「生きた菌を腸に届ける」ことを重視するプロバイオティクスの発想では、
なかなかひも解けないでしょう。


現段階では、
科学的にハッキリ検証できないでしょうが、
「乳酸菌に対する腸の反応」が

何らかの形で関与しているのだと推測します。


誰かの理論をもとにするより、
この自分自身のハラの感覚を手がかりにしながら、
毎日の食事を見直していくほうが、
もっと腸は喜んでくれると思いませんか?そしてまた、
昔の日本人が、
「腸の喜ぶ食事を続けてきた『腸脳力民族』であったこと」も、
クッキリと見えてくるでしょう。

 

生命力を高める極意

腸内細菌と免疫の関わりについて補足します。


ここまで腸内細菌について話してきましたが、
彼らが生息しているのは排出を担う

「大腸」のほうです。

 


これに対し、
消化吸収を担っており、
体に必要なものと必要でないものを選り分ける

「小腸」には、
多数の白血球が待機しています。

 

f:id:go-tokita:20160916165651j:plain
これまでは、
この白血球ばかりが注目されてきましたが、
最近では、
免疫の働きに、
善玉菌が深く関わっていることがわかってきました。


と言っても、

白血球の働きそのものを

直接助けるわけではありません。

 


腸の内壁には無数のひだがあり、
このひだの表面は絨毛と呼ばれる突起で

ビッシリとおおわれています。


広げるとテニスコート2面分もある膨大なもので、
その壁を構成する細胞の一つ一つから、
異物をキャッチするセンサーが伸びています。

 


このセンサーは

「トール・ライク・レセプター (TLR)」と呼ばれ、
菌やウイルスなどの侵入をキャッチすると、
周囲の細胞に知らせます。


すると細胞は侵入者を退治する物質を分泌するわけです。


食べ物と一緒に運ばれてきた善玉菌(乳酸菌)は、
このレセプターのーつ(TLR2)を刺激して

腸の防御力をアップさせる、
つまり、
腸内の免疫力を活性化させているのです。

 


こうした細胞ーつーつに備わる防御機能は、
「自然免疫」と呼ばれています。


免疫と言うと、
抗体という武器で菌やウイルスをからめとる

白血球の仕事ばかりが注目されますが、
抗体の製造には時聞がかかるため、
できあがるのを待っているだけでは

異物にとても対処しきれません。


そこで、
まずは腸の内壁を構成する細胞が、
自然免疫のセンサーを駆使して初期段階の防御を引き受ける。

 


善玉菌は、
この防御に役立っていると考えられているのです。

f:id:go-tokita:20160616142036j:plain


ですから、
細胞のーつーつが元気なら、
自然免疫もしっかり働き、
栄養の取り込み(代謝)も

スムーズに運ぶことがわかります。

 

こうした自然免疫のセンサーは、
細胞分裂を繰り返していた

単細胞生物の時代から備わっていた

原始的な防御機能。


このシンプルな防御機能が

しっかり働いてさえいれば、
進化した以降に新たに備わった

白血球による防御機能

(「獲得免疫」と呼ばれます)は、
あまり頑張る必要がなくなっていきます。


そうなれば、
複雑すぎるゆえに引き起こされてきた

「免疫の誤作動」も減っていくでしょう。


自然免疫力がアップすることで、
アレルギーや自己免痕疾患が

改善する可能性もあるわけです。

 

 


食べてエネルギーを生み出すこと(=代謝)、
異物から身を守ること(=免疫)、
その総和が細胞の生きる力であり、
「生命力」と呼んでもいいものでしょう。


自然免疫も生命力の一部と言えるのです。


では、
この生命力は、
どうやったら高められるのか?

 

f:id:go-tokita:20160616143305j:plain

大事なのは、
やはり食事です。


腸がしっかり栄養を取り込んで、
細胞が元気であれば、
自然免疫もスムーズに働きます。


発酵食品を食べることも、
ここにつながってきます。


白血球ばかりに目を向けて、
ワクチンや抗生物質といった医薬品の開発が盛んになると、
逆に、
「食べることで生きている」という

生命活動の実態は見えにくくなってしまいます。


いろいろと述べてきましたが、
まずは

「細胞の生命力=免疫力」と

シンプルに考えてみてください。

 

f:id:go-tokita:20160612011005j:plain

腸の免疫力をアップさせることは、
細胞の生命力をアップさせることである。


生命力

それは腸の働きがバロメーターになってきます。