読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腸内細菌を増やす

腸内細菌を増やして身体を健康に。太る腸内細菌と太らない腸内細菌の差があることを知るとダイエットにも効果あり?今、腸内細菌が激熱なんです。あなたに合う腸内細菌を増やせば、自然とダイエット効果がある??

ヨーグルト不老長寿説のウソ・ホント

ヨーグルト最強説??


昔から、

ヨーグルトが体によいということが言われています。

 


それを物語るように、

皆さんの近くのコンビニやスーパーの棚には

さまざまなヨーグルト製品が並べられています。

 


その中に「ブルガリア・ヨーグルト」と

名づけられた製品を目にされた方も多いことでしょう。

f:id:go-tokita:20160519221248j:plain


なぜ、わざわざブルガリア・ヨーグルト

などと名づけられたと思いますか。

 


それは、ヨーグルトを常食としている

ブルガリアのスモリアン地方には、

昔から長寿者が多く、それにあやかって、

名づけられているのです。

f:id:go-tokita:20160519221517j:plain


ブルガリアのほかにも、

長寿者が多くいる国や地方には、

ヨーグルトを日常的に食べている人たちが多いことは、

周知の事実です。

 


ヨーグルトの中に存在する

ある種の菌がそれらの地方の長寿に

深いつながりがあるのではないかと考えたのが、

人間の寿命と免疫・細胞に関する研究で

ノーベル賞を一受賞したメチニコフという偉い先生でした。

f:id:go-tokita:20160519221557j:plain


博士は研究を続けて、

ある特定の菌を体内に取り入れると、

それが腸内に悪玉菌が増えることを抑え、

同時に毒素の発生も防いで、

われわれの体を病気にかかりにくくしてくれること、

そしてその結果、われわれは老化を防いで、

長生きできるということを発表しました。

 


これがヨーグルトによる

「乳酸菌療法」と呼ばれるものです。

 


メチニコフ博士は、

われわれが老衰する原因は、

悪玉菌の毒素による慢性中毒にあり、

この毒素を排除するのに

ヨーグルトの中にたくさん含まれている

乳酸菌がとてもよく効く、

と主張しました。

 


この発見は世界的なニュースとなって

ヨーロッパ全土に乳酸菌ブームが起こり、ヨーグルトは、

腸内の悪玉菌を排除する

〃不老長寿の妙薬〃

として世の中に広く知られるようになりました。

f:id:go-tokita:20160519221748j:plain


ここまでは、めでたし、めでたしなのですが、

ことはそう単純ではありませんでした。

 


たしかに、メチニコフ先生が

腸内で活躍する乳酸菌の存在に注目したのは

画期的なことだったのですが、

先生の説には大きなふたつの過ちがあることが、

後の研究から明らかになりました。

 


ひとつは、乳酸菌という一種類の細菌の力だけでは、

腸内での繁殖力が大幅に低下するということです。

 


つまり、ほかの善玉菌とスクラムを組んでこそ、

その本来のパワーが発揮されるということが、

当時はまだわかっていなかったのです。

 


ふたつ目は、メチニコフ博士が生きた菌、

つまり生菌をそのままおなかの中に

取り入れたということです。

 


生きた菌なら、

いかにもおなかの中で効きそうですが、

現実はそうではありません。

 


とりわけ、胃液や胆汁といった消化液、

分泌液などに出会うと、

ほとんどが弱められたり、

死んだりしてしまいます。

f:id:go-tokita:20160519221848j:plain


皆さんは、

「では、どうして、ヨーグルトを常食としているブルガリアのスモリァン地方の人たちは長生きしているのか?」

と思われるはずです。

 

もっともな疑問です。

 


それは、ヨーグルトを食べて長寿を全うしている人たちは、

実は乳酸菌だけではなく、

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌

酵母菌も同時に食べていたからなのです。

 


とはいえメチニコフ先生の乳酸菌療法が

画期的な発見であったことは間違いありません。

 


後の研究では、この説がもととなり、

乳酸菌やビフィズス菌

酵母菌などが協力し合って働いていること、

また含菌同士でも仲よくスクラムを組むもの

逆に反発し合うものがあるということなど、

さまざまな事実が明らかになってきたのです。

 


以上のような軒余曲折をへて、

私たちは乳酸菌生産物質の

素晴らしい効き目を享受できるようになったというわけです。