読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腸内細菌を増やす

腸内細菌を増やして身体を健康に。太る腸内細菌と太らない腸内細菌の差があることを知るとダイエットにも効果あり?今、腸内細菌が激熱なんです。あなたに合う腸内細菌を増やせば、自然とダイエット効果がある??

宿便を出す薬や方法で一番良かったのは?

宿便って本当に辛いですね。。 お腹が張って苦しいし、 体も重いし、 ガスが溜まっている感じもするし、 オナラもクサイし。 でも宿便は出しておかないと 大腸ガンの可能性を高めてしまうので 頑張って出しましょう。 わたしが一番楽だった方法を紹介します…

便秘と下痢を繰り返す時の薬ってどれがいいの?

わたしは小学生から便秘と下痢を繰り返してきました。 なんか良い薬ってないかなぁと探してきました。 便秘と下痢を繰り返す日々は もう30年以上続けてきました。 便秘が3日~5日続く。 お腹が張る。 頑張って水分をとる。 でも出ない。 だから下剤を飲む。…

驚異の戦闘力。NK細胞の活性化でがん予防??

私たちの体では、じつは毎日ガン細胞がつくられています。 そしてその数は3千個~5千個以上だと推測されています。 しかし、規則正しい生活をして腸内バランスを整えれば、体内の免疫システムが働いてガンを予防できます。 その先兵の役割を果たすのが腸に…

ミトコンドリアがすべてだ!

ミトコンドリアで全てが説明できる? 私たちの体に常在している無数の微生物(菌、ウイルス)には、病気を引き起こす原因になるもののほか、腸内の善玉菌(ビフィズス菌)のように、体の調子を整え、健康を維持するのに欠かせない存在も多くいます。 いや、病気…

コレステロール値をさげる

コレステロールというと 悪者の元凶みたいに忠われていますが、コレステロールは脂質の一種で、細胞膜やホルモン、ビタミンD、胆汁酸などの材料となる たいへん重要な物質です。 必要量の三分の二は肝臓で合成されますので、食べ物から補う必要があるのは残…

免疫力を高める!

私たちは無数の細菌やウイルス、カビなどが充満しているなかで生きていますが、だからといっていつも病気にかかっているわけではありません。 これは、細菌やウイルス、カビなどに対する免疫が、それらの感染から守っているからです。 ですから、免疫力が低…

大腸ガンが増えている?

急増している大揚ガン 私たち日本人の病気による死亡率はています。 昭和56年以後 ガンがトップを続け ガンのなかでは男女ともあいかわらず 胃ガンが一番多いのですが、近年大腸ガンと乳ガンがふえつづけています。 ガンの成因はいろいろありますが、食生活…

善玉菌を増やすためには、この食品で栄養を届ける

薬よりすごいスーパーフード! 「日本生まれのこの食品」 をもっと食べなさい!! ここで注意したいのは、お菓子を食べることを罪悪視し、禁止するだけでは問題は解決されないということ。 甘いものを食べるのはほどほどにすべきですが、それよりも「善玉菌…

乳酸菌生産物質を取り入れると老化現象も緩和するってホント?

体内に乳酸菌生産物質を取り入れると 内臓も筋肉も神経細胞も尋免疫機能も、とにかく細胞という細胞が元気になるという、実に嬉しい相乗(シナジー)効果を生んでいきます。 細胞がイキイキとよみがえる、若返るというのは、体の活力が回復するばかりか、老…

乳酸菌で老化を止められる??アンチエイジングを腸内で。

老化現象も緩和するってほんと? 体内に乳酸菌生産物質を取り入れると内臓も筋肉も神経細胞も尋免疫機能も、とにかく細胞という細胞が元気になるという、実に嬉しい相乗(シナジー)効果を生んでいきます。 細胞がイキイキとよみがえる、若返るというのは、…

腸内細菌はうつを改善?

腸内細菌は、幸せ物質と呼ばれる脳内神経伝達物質であるセロトニンやドーバミぜんくたいけつえきのうかんもんンの前駆体を脳まで送り届けることに一役買っています。 脳には血液脳関門という関所があって血液中の物質を簡単に脳へ通さないしくみになっていま…

その食べ物は習慣?惰性?

みなさんは、毎日決まって口にする食べ物、習慣にしている食べ物ってありますか。 食べると調子がよいから、カラダによさそうだから、番組で紹介されていたから、おいしいから、なんとなく、など続ける理由は人それぞれ。 その中で、じぶんにとって本当に必…

腸内細菌で花粉症、アトピーなど、 アレルギーを改善??

腸内細菌かたくさんいて腸内環境が整っていれば、花粉症やアトピー性皮膚炎などの アレルギー症状を抑えることができます。 昔の人はアレルギーの原因となるアレルゲンが体に入り込んでも、体がちゃんと異物だと判断して、体外へうまく追い出すことができて…

便秘になれるな

肌のくすみや吹き出物の原因としては よく認識されている便秘ですが、最近は高血圧や大腸癌予防の面からの認識も よく浸透してきているようです。 そして、便秘には食物繊維がよいことも、よく知られるようになりました。 しかし 「便秘だから食物繊維の入っ…

病原菌排除!!免疫力アップ!!

腸には免疫力を高めるというとても大事な役割があります。 侵入してくる有害な物質を体の外へ追いやってしまう働きです。 腸内細菌の働きかけがなければ、体の免疫力は正しく作用しません。 免疫力が低下すると、ガンを引き起こす要因になったり、アレルギー…

知識で食べたらダメ

食事にはさぞかし気をつけているのだろうと 思われているようです。 たしかに食のこと、気にします。 腸セラピスト以前のじぶんと比較したら、腸と食、健康についての意識は相当高いです。 だからといって、この食材はタンパク質と食物繊維が豊富だから食べ…

食はヒトなり、ヒトは腸なり

わたしたちのカラダはすべて口から入った食べ物をもとにできています。 「食はヒトなり」です。 ゆえんそう言い切る所以は、食べたもののうち、カラダに必要な栄養分(栄養素)が小腸から吸収され、血液に乗って肝臓j全身へと駆け巡り、細胞一つひとつに行き渡…

便の状態で免疫力がわかる

便は腸の状態そのもの。流す前に必ずチエックして! 今日はどんな便でしたか? トイレですぐに「さよなら」していませんか? 流す前に一度、 便の状態をチェックする習慣をつけたいもの。 きちんと自分の便を知ることが、 健康につながります。 なぜなら便は…

花粉症、アレルギーと腸の関係

アレルギーとは、 本来カラダに入っても影響のないはずのものが、 影響を与え、 数々の反応や症状が出てしまう状態のことです。 わたしたちのカラダには、 食べ物と一緒にドサクサに紛れてやってくる ウイルスや病原菌の侵入に対抗するため、 速やかに連絡を…

便秘には色んなタイプがある!

美容と健康に便秘が深くかかわっている 一口に便秘といっても、 その原因によっていろいろなタイプがあり、 症状も人によってさまざまです。 便秘にはガンなどで腸そのものに 異常があっておこる器質性便秘と 腸の働きがわるくなっておこる 機能性便秘とがあ…

なぜ大豆オリゴ糖が注目されるのか

魚や野菜を中心とした食事から油をふんだんに使った欧米風の肉料理中心の食事へ、あるいは素材を求めて一つ一つ調理する食事から、インスタント食品を多用する食事へと、日本人の食生活は近年、大きく変化してきました。こうした食生活の変化は、体位の向上…

大便から見つかった衝撃の新常識

一般的には、 私たちが排出する便は 吸収できなかった食べ物のカスと考えられていますが、 じつはそれだけではありません。 驚くことに、 水分を除いたうちの約30%は「菌の死骸」なのです! 最近の研究では、 こうした「菌の死骸」が腸壁を刺激し、 腸の免疫…

有毒物質をヘらす大豆オリゴ糖

大豆オリゴ糖食による 人の腸内フローラの変化を調べたとき、 腸内でつくられる有毒な物質が どのように変化するかも 同時に調べてみました。 六人のなかで 二人が腐敗産物であるインドール、 クレゾールの減少傾向がみられ、 また六人全体で ビフィズス菌の…

オリゴ糖が実は大事

それではビフィズス因子である大豆オリゴ糖が、 どれだけビフィズス菌をふやしているのでしょうか。 その利用状態について私たちが行なった実験でみてみましょう。これは腸内菌を培養して、その発育状態を調べたものです。 このとき、 エネルギーとして使わ…

お釈迦様も知っていた??乳酸菌生産物質のパワー

紀元よりさかのぼること五百年、 つまり書今から約二千五百年も前 お釈迦様が残した『大般浬梁経』という仏教経典に、 すでに乳酸菌生産物質のことが記されていることを知って、 非常に驚かされました。 その経文の一節は、 およそ以下のような現代語に訳す…

乳酸菌生産物質って何?

乳酸菌生産物質は万病に効く特効薬でもないしましてや魔法の薬でもありません。先に種明かしをすれば、そもそも乳酸菌生産物質なるものは薬ではありません。薬でもないのに体によい?いった吟乳酸菌生産物質とは何でしょう。まずシン・フルに、乳酸菌生産物…

善玉菌最強説!免疫最強説!

免疫機能の8割は、なんと腸に 存在近年、免疫機能は小腸に、70%大腸に10%、 つまり8割近くが腸 (正確には小腸の粘膜である腸管) に存在しているという事実が明らかになってきました。 このことは今までよく知られていなかったため、 最近の免疫学では…

痩せやすい身体になる

善玉菌や日和見菌を増やして腸内細菌バランスをよくしていけば、やせやすい体質になります。善玉菌が増えれば腸内がきれいな状態になり、消化力が高まります。すると、老廃物がたまりにくくなり、排出力も高まるのです。イギリスの権威ある科学雑誌「ネイチ…

大豆をなめるなよ♪♪

すばらしい食効のある大豆 タンパク質は、 私たちの体を構成するうえで かかせない重要な栄養素です。 体を構成しているタンパク質の量は 成人でおよそ8~10キログラムといわれ、 そのうち約70グラムぐらいは 毎日分解されて排出されています。 したがって、…

腸内にいる「菌たちの声」を聞く??

「免疫の仕組み」 ヒトは脳を発達させることで、 地球上のほかの生物とは まったく異なる生き方を選択するようになりました。 その最大のポイントは、 「わたし」 という存在を認識する自我を持つようになった点。 自我と言うと難しく感じるかもしれませんが…

やっぱり便秘だと気分が下がります。

便秘解消でスッキリ! 腸スッキ健康法のメリットは、 ウンコがドッサリ出るようになることです。 健康な人の腸内細菌は、 およそ1.5キログラムといわれています。 腸内細菌はつねに生死をくり返し、 生きている腸内細菌と死んだ腸内細菌の両方が ウンコと…

回転食って何?アレルゲンに負けないカラダ作り

免疫とアレルギーの関係 免疫とアレルギーの関係を簡単に説明すると、 「免疫のバランスが崩れることによって起きるのがアレルギー」 ということになります。 アレルギーには、 特定の食品を食べて起こる食品アレルギーや、 アトピー性皮膚炎や花粉症といっ…

女性必見!ライザップより腸マッサージが優れている理由!

やせにくい、やせられない それほど食べていないのに、 なかなかやせない、やせられない。 昔はそんなことなかったのに。。。 過去のじぶんと比較して、 やせられない(太りやすくなった)と 悲嘆することってありませんか。 この「なかなかやせられない」理由…

ビタミンC不足は悪玉コレステロールを増やす??

ストレスとビタミンC ストレスとビタミンCの間には 密接な関係があります。 もともと、 ビタミンCはわれわれ人間にとっては、 とても身近な栄養素のひとつでした。 身近な栄養素という意味は、 われわれの祖先、 つまりはるか遠くの太古の人々には、 体内…

免疫力は腸で作られる?

近年の研究で、 腸は複雑な生体機能をつかさどる、 重要な器官であることがわかってきました。 腔腸動物である ヒドラのような原始的生物を観察すれば、 腸が脳の原型であることがわかります。 人間の腸には、 神経がくまなく張り巡らされています。 これは…

健康を左右する腸内フローラ

腸内細菌の種類 腸内の最近は 赤ちゃんから少年期、青年期、 壮年期と年をへるにしたがって、 だんだんとふえていきます。 種類がふえても健康な人の腸内は、 ビフィズス菌を中心とした有用菌が優勢をしめ、 有害菌の働きをおさえこんでいます。 ところが、…

赤ちゃんの肌はビフィズス菌の効果?

赤ちゃんにはビフィズス菌がいっぱい どうして赤ちゃんって あんなに綺麗なお肌をしているのでしょうか? 私たちは善悪、 両方の制菌を腸内にもっているわけですが、 ただ母親の胎内にいる聞は、 無菌状態ですごしています。 赤ちゃんが誕生後はじめてだす胎…

ビフィズス菌より食物繊維が大事?

善玉菌の栄養源は「食物繊維」だった! 皆さん、元気に長生きしたいですよね。僕だって長生きしたいので あの栄華を誇った秦の始皇帝が 不老長寿の秘薬を求めた心境が痛いほどわかります。 ご存じのように、 日本は世界一の長寿国ですが、 その中に、 とくに…

ヨーグルト不老長寿説のウソ・ホント

ヨーグルト最強説?? 昔から、 ヨーグルトが体によいということが言われています。 それを物語るように、 皆さんの近くのコンビニやスーパーの棚には さまざまなヨーグルト製品が並べられています。 その中に「ブルガリア・ヨーグルト」と 名づけられた製品…

体質改善は「腸」から

腸内フローラという言葉があります。これは、腸内に棲息する 腸内菌のバランスを意味する言葉です。 成人の大腸内には、 およそ百種類、百兆個もの腸内菌が棲息しており、 それらが腸内上皮にぴったりとくっついたり、 動き回ったりしています。 その様子を…

肩こり・腰痛・頭痛改善と腸の関係

肩周囲の過緊張によって起こる肩こり。 腰周囲なら腰痛、 頭なら頭痛 (厳密には、痛みの発生のメカニズムは筋肉の過緊張だけが原因で はありませんが、ここでは原因を絞って書いています)。 肩から首、背中のあたりを触ってみると、 硬い、重たい、張る、 痛…

低体温だと不調になりやすい。。腸との因果関係が!?

低体温 低体温は文字どおり 体温が低い状態・症状のことで、 病名ではありません。 一般的には36度未満の体温を 指す場合が多いようです。 本来、わたしたちの体温は、 36~37度を保つよう あらかじめプログラムされています。 そのためなんらかの事情で 体…

生理痛・PMS対策|腸内細菌シリーズ

生理痛をやわらげる 生理痛。またの名を月経痛。 生理のときに起こる痛み全般のことです。毎月のように辛い想いをする方もいれば、 まったく無関係な方もいる不平等な痛み。 おなじ女性でも、その差が大きいのが生理痛です。ひどい生理痛の場合、 立って歩く…

下痢と食事の大切なポイント|腸内細菌シリーズ

下痢 下痢は便秘とは反対の症状です。 しかし、 腸が本来の動きができていないという点においては 便秘と共通しています。 食べすぎや飲みすぎによる下痢の腸は、 「そんな詰め込まれてもしんどいだけやし、消火出来へんやん。もうギブアップやから出します…

腸のサポーター?便秘解消のポイント|腸内細菌シリーズ

便秘。 聞きなれた言葉ですが、 実はきちんとした定義はありません。 便秘の一般的な定義は、 便が出づらい状態、 または毎日出ていても残便感がある、 コロコロ・カチカチの状態、 排便が3日以上ない状態のことを 指すと思っていただければ 大方間違っては…