読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腸内細菌を増やす

腸内細菌を増やして身体を健康に。太る腸内細菌と太らない腸内細菌の差があることを知るとダイエットにも効果あり?今、腸内細菌が激熱なんです。あなたに合う腸内細菌を増やせば、自然とダイエット効果がある??

病原菌排除!!免疫力アップ!!

腸には免疫力を高めるというとても大事な役割があります。

 

 

侵入してくる有害な物質を体の外へ追いやってしまう働きです。


腸内細菌の働きかけがなければ、
体の免疫力は正しく作用しません。


免疫力が低下すると、
ガンを引き起こす要因になったり、
アレルギーや関節リウマチなどの自己免疫疾患にかかるなど、
さまざまな病気が起きてしまいます。


小腸には「パイエル板」などの免疫組織があります。

f:id:go-tokita:20160712222426j:plain


パイエル板とは、
小腸の壁の内側にあるリンパ集合組織のことで、
強力な免疫組織です。


私たちの身のまわりにたくさんある有害物質は、
粘膜から侵入することが多いので、
栄養素を取り込む小腸は細菌や有害物質が体に入る侵入口になります。


パイエル板は、
危険な侵入者がどうかチェックする、
いわば監視所の役割を果たし、
侵入者がいればその情報を全身に伝えて厳戒態勢に入ります。


腸内細菌は、
侵入者をブロックする小腸のパイエル板などの免疫組織が正しく活動できるよう、
維持・管理しているのです。


人体のなかでは、
脳こそが体をコントロールする最も賢い部位だと考えている人も多いと思いますが、
私からすればそれは大間違い。


腸こそがとても賢く、
重要な役割をたくさん担っている器官です。


生物の進化の過程を見ると、
初めにミミズのような腸だけで生きている生物が出現しました。

f:id:go-tokita:20160712222532j:plain
ミミズは脳がない、
というか目も鼻も口も呼吸器もなく

腸だけしかありません。


しかしミミズは食べた物が体にいいものかどうか、
ちゃんと判断することができます。


地球上で生物が発生したのは鋤億年前、
脳を獲得した生物が出てきたのは5億年前です。


生物は脳のない時代のほうがはるかに長かったので、
脳の扱いにまだ慣れず、
だまされやすいところがあります。


たとえば、
「あれが食べたい」

「これがおいしそう」

と脳が指令を出せば、
それを食べてしまうのです。


一方、
腸は愚直な正直者。


体にとってよくない食物であれば、
吐き出したりして体を守ります。

 

知識で食べたらダメ


食事にはさぞかし気をつけているのだろうと

思われているようです。


たしかに食のこと、
気にします。


腸セラピスト以前のじぶんと比較したら、
腸と食、
健康についての意識は相当高いです。


だからといって、
この食材はタンパク質と食物繊維が豊富だから食べようとか、
そういう発想ではあまり食べません。

(第三者への説明で、
感覚的なものより数字や数値、
栄養価を引用することはしばしばですが)。


じぶんの食べるものは、
アタマ(知識)で考えるより腸に聞いて、
感覚・直感(腸め感覚)で選んだほうが

いい結果になるからです(腸の感覚がにぶいときに、
知識を利用します)。


日ごろから見た目や数宰にとらわれることなく、
腸が食べたいと感じたものを食べるよう心がけています。


それゆえ、
お肉はぜったいに食べないとか、
ジャンクフードなんでありえないとか、
最初から食べ物を排除することはしません。

f:id:go-tokita:20160526154801j:plain


肉もジャンクフード

腸が欲していたら食べます(欲することは滅多にないのですが)。


だから、
テレビや雑誌、
本などで「この食材が体にいい」と紹介された途端に、
その食材がたちどころに庖頭から消えてしまう風潮がいたく気になります。


栄養価が高くたって評判がよくたって、
じぶんの腸が求めていなかったり、
好きじゃなかったり、
おいしいと感じなかったら、
食事も人生も味気ないものになりそう。


知識があるのはわるいことではありませんが、
知識に頼ってじぶわゆいがしんの感覚を蔑ろにすると、
なにが食べたいのかが感じにくい、
にぶい腸(カラダ)になります。


単純においしい!

と感じたり、
食べるという行為そのものを楽しめないって、
もったいないです。


楽しんで食べたら腸はリラックスできるのですから、
楽しまない手はありません。


それに腸が嬉しいと脳や全身にもいい影響を与えてくれます。


ジャンクフード
ファストフードが好きだから毎日食べる、
というヘビーローテーションには賛成できかねますが、
「おいしくたのしくありがたく(腹八分目で)」食べられ、
腸が望んでいるのなら、
ある程度は何を食べてもいい気がします。

 

食事のルールはOTA

夜の外めし(外食)はほとんどしません。


理由は、
食べすぎ防止と胃腸に負担をかけすぎないことを信条とする

腸セラピストとしてのプロ意識が・・・

本当は、
一緒に夜めしを食べる相手がいないからです(涙)。


お酒もほとんど飲み(アルコールに弱い)ので、
仕事の後は寄り道せず、
自宅で食事をしまませんす。


そんな地味な暮らしぶりだからこそ、
夜の外めしの機会があると気合いが入り、
テンションと血圧が上がります。


食事は腹八分目でよく噛んでシンプルに、
なんて言っていても美味しそうな食べ物が目の前に並べば、
その魅力に目と脳は龍絡され、
腸の抑止を振り切ってアレもコレもと食べたがるものです。


そういうときは、
今日くらいは「まあ、
いいか」、
と許しています。


意志の弱さ200%のじぶん、
じぶんに甘いじぶん、
完壁でもストイックでもないじぶんもいていいのです。


(そして、
こんなヘタレなわたしでも続けられるのがおなかマッサージです)。


外で食べるとき、
家で食べるとき、
シチュエーションは違えども、
食べる場面で守っているじぶんのル1ルがあります。


OTAです。

 

OTAとは、
おいしく(OISHIKU)
たのしく(TANOSH-KU)
ありがたく(ARIGATAKU)

 

のことです(全国の大田さん、
太田さんのことではありません)。


野菜や果物、
納豆に味噌、
ナッツ、
魚、
肉・・・

食べ物たちは腸を介してじぶんの血となり肉となり

”わたし”
を構成します。


食べ物にはじぶんの命を明日につなぐ役目があり、
何をどれだけ食べるのかはとても大事なミッションです。


それほどに食事は

「なんとなく」「漫然と」

食べないほうがいいと感じています。


「食べる」のは「生きる」ことであり、
食べ物の命をじぶん(の命)と融合させるってことです。


じぶんの命を明日にリレーするために、
ほかの生き物たちあいさつの命をいただく

崇高な儀式なんです

(だから食べるときの挨拶は「いただきます」なんですよ、
きっと)。


わたしたちは、
じぶん以外の命をいただいて生きています。


「生きている」んじゃなく

「生かされている」

と書くほうが正しいかもしれません。


わたしは腸と関わりを持つほどに、
この「生かされている」感を実感し、
食事のたびにありがたい気持ちで

食べるようになりました(それに感謝して食べたほうが、
ふしぎと食事がおいしく感じられます)。


誰とどんな環境で食べるかも忘れてはいけません。


栄養素とか栄養バランスとは一見無関係そうですが、
苦手な人や嫌いな人と一緒に、
またはさびしい気持ち、
哀しい気持ちで食べる食事は、
なんとも残念でつまらなくて、
切なくて侘しいと感じてしまいがちです。


そんな相手やシチュエーションで食べたものと、
大好きな人と楽しくウキウキした気持ちで食べたものとでは、
カラダへの吸収のされ方ってぜんぜん違うと思うのです。


OTAで食べられると腸も嬉しいんです。


それはそれは気持ちよく仕事(消化・吸収・排地)します。


だから、
大好きな人、
気の合う仲間、
大事な家族やパートナー、
ひとりのときでも、
おいしく、
たのしく食べる。


そして、
おいしく、
たのしく食べられる相手に、
共有できた時間に、
おいしく、
たのしいと感じたじぶんに、
ありがとうの感謝の気持ちで食べる(つくってくれた人への感謝も含まれます)。


こうした食べることにまつわるもの(食べ物、
食べる時間、
人)に喜びゃ楽しみ、
感謝を感じているかの指標がOTAです。


生きるって、
食べ物の命をいただく行為だから、
感謝することはあっても罪悪感を持って食べたらだめなんです。


これ食べたら太るのよねー・::なんて思うくらいなら、
いっそのこと食べない!罪悪感を持って食べたら、
食べ物と、
その食べ物を摂り込んでくれる腸がかわいそうです。


食事のときは、
いついかなるときもOTAを忘れずに。

f:id:go-tokita:20160709005613p:plain

 

食はヒトなり、ヒトは腸なり

わたしたちのカラダはすべて口から入った食べ物をもとにできています。

「食はヒトなり」です。

ゆえんそう言い切る所以は、
食べたもののうち、
カラダに必要な栄養分(栄養素)が小腸から吸収され、
血液に乗って肝臓j全身へと駆け巡り、
細胞一つひとつに行き渡って新陳代謝が起き「じぶん」が構築されるからです。

毎日、
食べるごとに、
この壮大にして神秘的、
かつ欠かすことのできない生命維持活動がこっそり・ひそやかに、
着実に、
とめどなく行なわれています。

食は時間を経て「じぶん」になります。

そして食を摂り入れる腸の存在なくして「じぶん」は形成されません。

「食はヒトなり」であると同時に「ヒトは腸なり」なのです。

極端な話、
毎日ファストフードだけ食べ続けたとします。

すると、
100%ファストフード食材で構成されたじぶんのカラダができます。

コワくないですか?

f:id:go-tokita:20160708111955j:plain

 

ファストフードでできた

「じぶん」

同じくコンビニ弁当ばっかり食べていると、
100%コンビニ弁当で構成されたじぶんのカラダになります。

 

誤解しないでほしいのですが、
フアストアードやコンビニ弁当をぜったい食べてはいけないという主旨ではありません(諸手を挙げてオススメはしませんが)。

これらの食の台頭で「食べる」ことに対する選択肢が増え、
可能性が広がりました。

忙しい現代人にとって、
わるい面ばかりとは言い切れません。

でも、
安いから、
手軽だから、
時間がないから、
見た目がキレイだから、
めんどうだからという理由で、
毎日毎食これらの食事ばかりを摂り続けるのは、
将来のじぶんのカラダにとって有益でしょうか。

食べるとは生きることそのもの、
ぞんざいにしないでほしいのです。

今は、
選択の幅や情報が増えた分、
じぶんで見定めるチカラを養うことが求められる時代です。

口から入る食べ物すべてが、
じぶんのカラダと便の素になることを意識して食べることが大事なのです。

ふだんから直感(腸の声)を重視しているわたしも、
今日はなにを食べようかな、
と悩むことがあります。

なにを食べたいのか悩んだときは、
腸と腸内細菌が喜び、
明日以降のよい便になりそうな食べ物を選び、
食べることをオススメします。

具体的には、
発酵食品や食物繊維を積極的に摂取するということです。

発酵食品は、
カピや酵母菌といった微生物の働きを利用してつくる、
保存性や旨みが増した食べ物のことです。

身近にある味噌や納豆、
しよう油、
漬物、
ヨーグルト、
チーズ、
キムチのほか、
ザーサイやテンべなども含まれます。

食物繊維は、
ヒトの消化酵素で消化することができず、
小腸を通って大腸まで達する食品たちのことで、
便秘の予防をはじめとする整腸効果のほか、
血糖値上昇の抑制とか、
血液中のコレステロール値の低下、
大腸内の善玉菌を増やして発がん性物質の生成を抑えてくれる、
カラダにとってありがたい存在。

少し真面目になりますが、
平成お年度の国民健康・栄養調査(厚生労働省まとめ)では、
男女合わせた日本人の食物繊維摂取量平均は13.7グラム(男性13.9グラム、
女性13.5グラム)です。

この数字を見て、
摂取量が多いのか少ないのか、
わかった方は食物繊維ツウです。

便ツウもよいかもしれないですね。

1日あたりの食物繊維摂取量の目安は、
男性は25グラム、
女性は20グラム前後と言われていますので、
ちっとも足りていません。

初代の女性に至つては1グラム台というありさまです。

食物繊維の少ない生活が続けば、
いい便も出づらいですし、
腸内細菌たちが元気に活動できなくなります。

便秘を筆頭に、
カラダの不調は、
じぶんの日ごろの食事が原因になっていることが多いのです。

その結果、
腸がうまく動かず、
溜めるカラダになって、
詰まって、
冷えて、
硬くなって・・・。

こうして残念なカラダができあがってゆきます。

食物繊維は魚介類や肉類などの動物性食品にはほとんど含まれておらず、
豆類、
野菜類、
果実類、
きのこ類、
海藻類などに多く含まれています。

たとえばそば、
玄米、
コンニャク、
さつまいも、
切り干し大根、
カボチャ、
ゴボウ、
たけのこ、
蓮根、
ブロツコリー、
モロヘイヤ、
糸引き納豆、
いんげん豆、
あずき、
おから、
しいたけ、
ひじきなどです(もっともっとありますが)。

これらを日々摂取できるかで、
明日以降のじぶんのカラダとウンチが変わると言っても言い過ぎではありません。

「今日はなにを食べようか」と迷ったら、
腸とお財布と相談しながら明日以降のじぶんのカラダゃいい便を出すための食材(善玉菌を含む発酵食品や食物繊維たっぷりの食事)を選びましょう。

それをベースに、
忙しくて時間の少ないときはファストフードのような現代の便利さの恩恵に少しだけ頼ればいいと思うのです。

食べたものが「じぶん」になり、
食べたものしか「じぶん」にならないという事実。

そう考えると、
食事は一回一回が真剣勝負。

目の前にある食べ物たちがすべてじぶんになるとわかったら、
なんとなく食べる、
おなかがいっぱいになればいい、
なんて発想も少なくなるのではないでしょうか。

 

便の状態で免疫力がわかる

便は腸の状態そのもの。
流す前に必ずチエックして!

今日はどんな便でしたか?

トイレですぐに「さよなら」していませんか?

流す前に一度、

便の状態をチェックする習慣をつけたいもの。


きちんと自分の便を知ることが、

健康につながります。


なぜなら便は

腸の状態=免疫力を

如実に物語っているからです。


端的にいってしまうと、

いい便なら、腸は健康。

 


よくない便なら、

腸は不健康。


「人によってお通じには差があるので、

2~3日出なくても特に健康には問題ない」

 

という人もいますが、

きちんと食べているなら、

毎日便通があるのが普通です。

 


まずは、

あなたの便のチェックをしてみてください。

 


よくない便の理由も後に紹介しているので、

確認するといいでしょう。

 


「あなたのうんちは、いいうんち?」

 

チェック

□ー日1回以上、スムーズな排便がある⇒便秘も下痢も腸内環境が悪い

□便が黄色っぽい⇒黒っぽい便は肉類や脂肪分の摂りすぎ

□便がバナナくらいの太さ⇒コロコロ便は腸の動きが悪く、よい脂肪が不足

□便が臭わない⇒極端に臭い便はたんぱく質の摂りすぎで、腸内腐敗が進んでいる証拠

□便が浮く⇒沈む便は腐敗しており、たんぱく質過剰で腸内腐敗が強い

□おなかが張らない⇒おなかが張るのは炭水化物の消化不良で、異常発酵しているせい

□ちなみに、おならも臭くない⇒臭いおならは、脂肪やたんぱく質の摂りすぎで、腸内の悪玉菌が多い

f:id:go-tokita:20160612011138j:plain

花粉症、アレルギーと腸の関係

アレルギーとは、

本来カラダに入っても影響のないはずのものが、

影響を与え、

数々の反応や症状が出てしまう状態のことです。

 


わたしたちのカラダには、

食べ物と一緒にドサクサに紛れてやってくる

ウイルスや病原菌の侵入に対抗するため、

速やかに連絡を取り合って退治してくれる

カラダ防衛軍が常駐しています。

 


防衛軍の名は「免疫細胞」。

 


免疫細胞は2~3のチームに分かれて連携を取り合い、

カラダを守ります。

 

この連携がうまくいっているとき、

カラダはいい状態(健康)を維持できます。

 


しかしそれぞれのチーム間のバランス、

つまり均衡が崩れると、

カラダに異常(病気やアレルギーなど)を

引き起こしてしまいます。

 


食べたものを取り込む小腸は、

外からやって来たものをはじめて

内側(体内)に取り入れる場所です。


外の世界は安全なものだけではありません。
常に危険と隣り合わせです。


ときに死と直結するような

危険性の高いもの(ウイルスや病原菌、毒のある食材、薬など)

だって入ってきます。

 


その侵入を防いでくれるのが

免疫細胞というわけです。

 


カラダ中に点在する免疫細胞のうち、

2/3以上が小腸に集中し、

外敵がやすやすと入ってこないよう守っています。

 


小腸はカラダを守る最大にして最高の砦、

関所です。

 


外敵と判断すれば侵入を防いだり攻撃をしかけ、

この食べ物は体内に入れてもよし!

と判断すれば栄養分として取り込む、

なんとも複雑かつ高度で重要な任務を遂行しています。

 


でも、食べすぎやストレスで

小腸に負担がかかってくたびれてくると、

疲労が蓄積され、

チームの連携も取れなくなり、

免疫力が低下します。

 


すると本来敵ではないものを敵とみなしたり、

敵であるものを排除し損なってカラダに取り込んでしまうという、

うっかりでは済まない重大なミスが出てしまいます。

 


この本来敵ではないものを敵とみなして攻撃をかけた結果、

カラダに現れた症状がアレルギーです。

 


アレルギー反応は粘膜で覆われているところ、

刺激を感じやすい場所に出やすく、

目に出ればアレルギー性結膜炎、

気管支だとぜんそく、皮膚ならアトピー

鼻粘膜ならアレルギー性鼻炎

そして腸で反応すれば食物アレルギーとなります。

 


アレルギーやアトピーを援和させるには、

免疫細胞チ1ムのバランスをいい状態に保つことが必要です。


そして免疫細胞のバランスを保つには、

腸内細菌の働きが深く関わっていることがわかっています。


アレルギーやアトピーの全貌はまだ解明されていないのですが、

腸の状態のよしあしがアレルギーと大きく関わっていることは明白です。


わたしはかれこれ初年以上、

ひどい花粉症に悩まされてきました。


クシヤミや水のような鼻水、

目と喉のかゆみ、

ときには熱も出て、

春になるとティッシュの箱が手放せない日々。

 


鼻の下はカピカピ、

顔全体はぼってり腫れあがって、

それはヒドい顔をしていました。

 


この症状を少しでも緩和したくて、

薬を飲んだり、

ホルモン注射をしたり、

花粉症に効くというお茶を飲んだり、

いろいろ試したものです。

 


一時的によくなるものもありましたが、

どれも根本的解消には至りませんでした。

 


その後、腸と出会って、

免疫力との深い関わりを知り、

日ごろから腸をもんで動きをよくしたり、

発酵食品を意識して摂取し続けたところ、

夜も眠れないほど辛かった花粉症の症状が、

年々楽になっていったのです。

 


今では薬を一切飲むことなく、

花粉症の時期を迎えられるまでになり、

改めて腸の偉大さを実感しています。

 

アレルギー・花粉症を撃退する習慣

わたしが実践しているのは、
腸を冷やさないようにすることです。


温かい腸は動きがよく、
免疫力もアップします。
それにはおなかマッサージが欠かせません。


腸をゆったりもみ、
リラックス&血行が促進すれば、
自律神経のバランスが整い、
免疫力も高まってゆきます(カラダの芯〈深〉部が温かいので、
腹巻き要らずです)。


腸以外にも冷やさないほうがいい場所があります。
カラダの曲がるところと、
首とつく場所です。


曲がるところは「おなか(腰)」「ひざ」「ひじ」、
首とつく場所は「首」「手首」「足首」です。


また、
白湯や常温のお水、
温かい飲み物で内臓を温めること。
暑いときは冷たい飲み物をゴクゴクと飲みたいところですが、
内臓を冷やす冷たい飲み物は

最初の一杯というか喉を通過する

一口程度にしてほしいのが、
腸の本音です。


ほかにも、
よく噛んで、
食べたものを消化・吸収しやすい形にし、
小腸の負担を減らす腹八分目を守る。


乳酸菌をはじめとする

善玉菌の多い発酵食品を摂取する

善玉菌のエサになるオリゴ糖の入っている食材を摂取する

(ゴボウや玉ねぎ、
アスパラガス、
大豆、
バナナ、
ハチミツにメープルシロップなど)ゆっくりと深呼吸する。
などがあります。
どれも特別むずかしいことではなく、
自分の気持ちひとつで実行できるものばかりですね。

 

 

便秘には色んなタイプがある!

美容と健康に便秘が深くかかわっている


一口に便秘といっても、

その原因によっていろいろなタイプがあり、

症状も人によってさまざまです。

 


便秘にはガンなどで腸そのものに

異常があっておこる器質性便秘と

腸の働きがわるくなっておこる

機能性便秘とがあります。

 


機能性使秘には、

出張や旅先でなりやすい一過性単純便秘、

それがやがて習慣となり、

女性でもっとも多く結腸の働きが弱くなる

弛緩性便秘と

老人に多い直腸性使秘、

さらにストレスのときよくおこり、

便秘と下痢が交互にみられる

けいれん性便秘などがあります。

 


便秘かそうでないか見わけるには、

一日一回とはかぎりませんが、

通じがある、便が硬くも軟らかくもない、

排便時に苦痛を感じない、

規則正しくこのような人は便秘ではありません。

 


逆にトイレにいくのが不定期で、

苦痛を感じるようならば、

便秘といえましょう。

 


便秘も最初のうちはとくに

不快感もなくすごせますが、

慢性化するとお腹がはって苦しくなったり、

食欲不振におちいったりします。

 


女性の場合は、肌があれる、

ニキピや吹き出物がでるなど、

美容のうえでもトラブルがでてきます。

 


腸内フローラをみると、

有害菌が有用菌にくらべ優勢になってきて、

毒物も多くつくられるようになります。

 


有害物質のなかには、

異臭を放つものが少なくありません。

 


アンモニア硫化水素

インドールスカトールなどです。

 


これらが大量につくられ、

腸管から服収され血液によって

皮膚まで迎ばれるようになると、

体臭が強くなることになります。

 


また、口臭が便秘によっておこるケースもあることは、

第一章でもお話ししました。

 


そのほかにも便秘には血圧をあげる、

発ガン物質をつくりゃすい、

老化を促進する、肩がこる、

イライラしおこりっぽくなるなどの害があります。

 

便秘を予防するには

便秘が私たちの体に

いろいろな不都合をおこすことはわかりました。

 


では便秘を解消するには、

どうしたらよいのでしょうか。

 


まず気をつけなければならないのは、

便意をがまんしないことです。

 


忙しい、

時聞がないということで

便意をがまんしてしまうことをくりかえしていると、

便がたまっても次第に

便意を感じなくなってしまいます。

 


こうしたことが原因で

習慣性便秘になっている人が多いので、

とくに気をつけてほしい点です。

 


また、便意があってもなくても、

毎日決まった時間に

トイレにいく習慣をつけることも大切です。

 


食べ物が胃にはいると

その刺激で腸が働きだすので、

食事のあとにトイレタイムをとると効果的です。

 

 

あせらず気長に実行していると、

しだいに排便の習慣が身についてきます。

 


水分を十分にとることも大切です。

 


便は排地きれずにたまっていると、

どんどん水分が版収されて固くなり、

ますます排地しにくくなります。

 


利尿作用のあるアルコール飲料をのんだときなどは、

ふだんよりよぶんに水分をとっておくとよよいでしょう。

 


ストレスはけいれん性便秘の原因になりますから、

好きなスポーツで軽く汗を流したり、

音楽をきくなどして、

ストレスを上手に解消する工夫も必要です。

 


それでも容易に便秘が治らない場合は、

下剤を利用するということも考えられますが、

下剤に頼りすぎるとしだいに大腸の働きそのものがわるくなり、

かえって便秘をこじらせてしまう場合があります。

 


しかし、

やはりいちばん重要なのは

便秘にならないように

腸内の制菌バランスを健全にしておくことです。

 


そのためには、

まずいちばんに食生活に気をつけることです。

 


偏食を避け、

なんでもバランスよく食べることです。

 


とくに肉類の多食は避け、

大麦やライ麦などの雑穀類、じゃがいも、

さつまいもなどの根菜類、きのこ類、

海草類を多く食べる工夫をしましょう。

 


食物せんいが豊富で便秘の予防にも効果的です。

 


また、

生野菜は見た目は多くても

実際のカサは少ないため、

おひたしのように一度火を通して

カサをへらして食べると量が多くとれます。

 


さらに、

腸内のビフィズス菌を優勢にしておくことも、

便秘予防の大切なポイントです。

 


ビフィズス菌が圧倒的な優位になっていると、

酢酸や乳酸などの有機酸がふえ、

腸壁を刺激して自然なお通じを導いてくれます。

 


そのうえ、

有害な菌の増殖をおさえて腸内の健康状態をよりよくし、

さまざまな病気の予防もしてくれるのですから。

 


まさに一石二鳥どころか

三鳥、四鳥ともいえるわけです。

 


また、便秘の治療にも、

腸内のビフィズス菌をふやすことで

改善されたという臨床報告が、

多くの研究者からなされています。

 


使秘の予防にも治療にも、

ビフィズス菌はまさにエースであり、

そのエースの活力源がオリゴ糖なのです。

 

 

なぜ大豆オリゴ糖が注目されるのか

魚や野菜を中心とした食事から油をふんだんに使った欧米風の肉料理中心の食事へ、あるいは素材を求めて一つ一つ調理する食事から、インスタント食品を多用する食事へと、日本人の食生活は近年、大きく変化してきました。
こうした食生活の変化は、体位の向上という効果をもたらしてくれましたが、同時に欧米先進国と同様の成人病の増加というありがたくない現象もひきおこしています。
従米、日本では少ないとされていた大腸ガンの急増も、肉類や脂肪の多食と関係があるといわれています。
タンパク質や脂肪の叫収力には一附かありますがあまりたくさんとるしかしと消化帳収しきれず大腸に送られることになります。
ところが便秘などでタンパク質や脂肪が腸内に長い時間とどまっていると、その聞に有害菌の作用によって腐敗し、アミンなどの有害な物質がつくられやすくなります。
このアミンは血圧をあげたリ、発ガン物質であるニトロソアミンなどのもとになるものです。
そのほかにもアンモニアインドールフェノールなどの体に害を与えるものもつくられます。
このようなことを考えあわせてみると、食生活が欧米化した今日、ゆめゆめ「たかが便秘」と軽く考えることは危険だということがおわかりいただけるでしょう。
腸の健康をいかに保つかが、健康維持や成人病の予防にとって大きな鍵になっているのです。
発ガン物質を分解し、有害菌をすみにくくする腸のガードマンともいえるビフィズス菌
そのビフィズス菌だけを飛躍的に増殖させるオリゴ糖が、大きな注目を集めているのもうなづけることです。

大豆オリゴ糖の安全性は

便秘の人が下剤を常用すると、ききかたがわるくなったり、大腸の働きを弱めてしまうこともあります。
大豆オリゴ糖の場合、毎円とっていて安心だろうかという疑問がでできても当然でしょう。
大豆オリゴ糖は、私たちが日常よく口にしている大豆から精製してつくられるもので、化学的に合成されたものではありません。
それに食物として昔から食べていたなじみのある食品です。
その働きは主として腸内のビフィズス菌のエサになって、ビフィズス菌をふやすよい作用です。
たとえよぶんにとりすぎたとしても、便が軟らかくなる程度です。
また、オリゴ糖を多くとると、おなかがはる人もいるようですが、続けてとっていると、そのような人でもなれて、軟便やおなかかはることもだんだん少なくなっていくことがわかっています。
このように安全な食品成分といえるオリゴ糖は、いろいろな利用がされています。
次に、その用途と、オリゴ糖が期待される背景についてふれてみましょう。

さまざまな用途が期待される大豆オリゴ糖

「病気になってはじめて健康であることのありがたさに気づいた」という話はよく耳にします。
しかし、忙しさにとりまされて健康管理がついおろそかになってしまうのが現実です。
医学が進んでよい薬が次々に開発されているという思いが、そんな油断をさせているのかもしれません。
それだけに、病気とはいえないが、調子がいまひとつよくないという半健康の状態の人が数多くいるようです。
こんな人たちは、ちょっとしたことで病気になってしまいがちです。
そこで半健康を健康にもどし、これをいかに維持していくかという予防医学の面が、今後の健康管理にとって大きな課題となります。
こうしたなかで、本来体がもっている生理機能や抵抗力を高めることの重要性が指摘され、健康志向の食品が次々と生まれるようになりました。
ビフィズス菌の活性を高めるオリゴ糖も、このような背景から生まれてきたともいえます。
大豆オリゴ糖は砂糖の七Oパーセントほどの甘さになるためすっきりした甘味になり、酸や熱に強く、長い間保存してもかわらないという特性をもっています。
こうした特性は、食品を加工するうえでもたいへん便利で、広い範囲で応用が考えられます。
すでに育児用の人工乳をはじめ、ヨーグルトなどの乳製品、清涼飲料、キャンディ、ハンバーグやかまぼこなど、オリゴ糖を使用した多くの食品が開発されています。